無痛分娩での出産の流れ

無痛分娩での出産の流れは、どのようにして行われているのかをまとめてみました。

無痛分娩は計画して入院から始まる方法が多いようです。
まず、普通分娩と同様で分娩監視装置をつけて、お産の進み具合をチェックします。
陣痛がついてからでは辛いので、入院したらすぐに麻酔を入れる為のカテーテルというチューブを背中に入れます
そのカテーテルを入れる前に、少しの皮膚麻酔の注射を背中に打ちます。
そうする事で、カテーテルを入れる痛みがなくなります。
それからは、子宮口が4~5cm開くのを待ってその間の陣痛には、耐えて逃します。

赤ちゃんの様子やお産の進み具合を見て、麻酔液を注入していきます。
微量の麻酔液の注入なので、ある程度の陣痛の痛みはこの段階ではまだあります。
その方が、自分自身をコントロールしやすいので、食事をしたりトイレに行ったりしやすいからです。
のんびりとした陣痛になるので、痛みがあると言えども安心です。
しかし、子宮口が開ききっていない時でもかなりの強い陣痛が付いてくる人も多いので、その場合は呼吸法等で乗り切ってください。

子宮口が全開大になるまで、陣痛に耐えて全開大になると麻酔を多く追加していきます。
会陰部の近くに麻酔を注入する事で、筋肉の緊張も柔らかくなり、会陰部の伸びも良くなって赤ちゃんの頭が会陰部から突き出る時の痛みが無くなります
この突き出る痛みは、私自身、想像を絶する痛みで一瞬であるけれども本当に痛かったので、次の子供はその時だけ麻酔をかけて欲しいぐらいです。
伸びが悪くて、会陰切開をする時も麻酔が効いているので、その痛みはありません。

無痛分娩とはこのようなお産の流れになります。
体力も普通分娩より遥かに残っている事だと思います。


女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

この記事のタグ

サイト内関連記事

麻酔液と子宮口の関係
無痛分娩と最初聞いた時は陣痛が始まれば最後まで、全く痛みも無く出産できるものだと......
妊娠中の過ごし方
無痛分娩での妊娠中の過ごし方は、自然分娩と比べてどう違うのでしょうか。 特に妊娠......
無痛分娩にかかる費用
無痛分娩による出産には、別途費用が加算されます。 欧米では、無痛分娩による出産が......
無痛分娩で痛みはあるの?
自然分娩での痛みは、1度経験していますが死ぬ程痛くて気を失うかと思いました。 私......
無痛分娩での副作用
米仏では普通となっている無痛分娩で安全性を感じられますが、無痛分娩による副作用は......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

無痛分娩ってどうなの?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.gpcreators.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。