妊娠中の過ごし方

無痛分娩での妊娠中の過ごし方は、自然分娩と比べてどう違うのでしょうか。

特に妊娠中の過ごし方は、自然分娩の人と変わりなく過ごしても大丈夫です。
ただ、せっかく無痛分娩にするのだから痛みを長引かせたくないですよね。
子宮口の開き方に時間がかかると、いくら無痛分娩と言えども陣痛の痛みを伴う事が多いです。
特に初産婦さんは、子宮口の開く進行が遅い傾向にあります。
それは、子宮口が硬くなっているからです。

自然分娩でも、妊娠中にしっかり努力をしていれば、お産も軽くすみます。
それは無痛分娩も同じ事が言えるのです。

●体重管理を妊娠初期から行いましょう。
体重が増えすぎてしまうと、産道に脂肪がついてしまって子宮口が開きにくくお産が進みません。
だいたい6キロ~8キロの体重増加で、出産できたらベストですね。
私は1人目で自然分娩でしたが18キロも太ってしまい大変な思いをして出産しました。
子宮口が4cm開くのに10時間くらいかかったのです。
その間も陣痛に耐えながら過ごしましたので、かなり苦痛でした。
その経験を踏まえ、現在2人目妊娠中ですがなんとか体重管理はできています。

●適度な運動を心がけましょう。
安定期に入ると、運動を心がけて更に産道を柔らかくしておきましょう。
妊娠中のヨガや体操やスイミングはとても効果的です。
臨月に入ると、スクワットや階段の上り下り、長いウォーキングを心がけて更に出産に備えるようにしましょう。
これで、子宮口は柔らかくなり無痛分娩でも本当に痛みの少ない出産ができるでしょう。


女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

この記事のタグ

サイト内関連記事

無痛分娩での出産の流れ
無痛分娩での出産の流れは、どのようにして行われているのかをまとめてみました。 無......
麻酔液と子宮口の関係
無痛分娩と最初聞いた時は陣痛が始まれば最後まで、全く痛みも無く出産できるものだと......
無痛分娩にかかる費用
無痛分娩による出産には、別途費用が加算されます。 欧米では、無痛分娩による出産が......
無痛分娩で痛みはあるの?
自然分娩での痛みは、1度経験していますが死ぬ程痛くて気を失うかと思いました。 私......
無痛分娩での副作用
米仏では普通となっている無痛分娩で安全性を感じられますが、無痛分娩による副作用は......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

無痛分娩ってどうなの?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.gpcreators.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。