硬膜外麻酔による無痛分娩

無痛分娩にはいろいろな種類がありますが、ここでは硬膜外麻酔による無痛分娩についての説明をしています。

無痛分娩で日本で最も多いのが、この硬膜外麻酔による無痛分娩です。
硬膜外麻酔による無痛分娩の流れとはどのようなものなのでしょうか。

硬膜外麻酔は、背中から細いカテーテル(ビニールのような柔らかい管の事)を挿入します。
硬膜外膣といったとても細い所へカテーテルを挿入して、そこから局所麻酔を注入する方法で、医者による手技がとても重要です。
背中にカテーテルを挿入するなんて、それが痛いイメージがありますが、それを入れる為の皮膚麻酔もしますので、少しチクッとして終わりです。
幼児に打つ予防接種用の小さい針の注射なので、皮膚麻酔もそんなに痛く無いでしょう。

全身麻酔ではなく、局所麻酔なので意識はハッキリしていますので、赤ちゃんを出産している感動をきちんと味わえます

麻酔を打っていても、支えて歩けるぐらいの麻酔なので、お手洗いにも行けるでしょう。
硬膜外麻酔は、人によって効きにくい人もいてます。
効きにくい人は、少し量を多めに麻酔を注入するので、その時に足が動かなくなる事がありますが、もちろん麻酔が切れた時には歩けますので安心してください。

硬膜外麻酔の良い所は、陣痛による痛みはありませんが、陣痛の波が来るのがわかるようで、イキむ時もタイミングがわかるので、スムーズなお産になる所です。

自然分娩で産んだ妊婦さんは、痛みに耐えて産んでいるので、産み終わった後はグッタリですが、無痛分娩で産んだお母さんは、出産を冷静に受け止めて感動もあり、すぐに赤ちゃんを抱きしめたくなる人が多いようです

フランスではこの硬膜外麻酔による無痛分娩率は100%でアメリカでも80%~90%の人が無痛分娩で出産しているそうです。


女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

この記事のタグ

サイト内関連記事

和痛分娩とは?
無痛分娩の種類の中で、和痛分娩と言われる出産方法があります。 ここでは、和痛分娩......
計画無痛分娩とは
産院によっては、無痛分娩をするのに出産を計画する『計画無痛分娩』と自然に陣痛が来......
無痛分娩の種類について
無痛分娩には大きく分けて2つの種類があります。 全身麻酔による無痛分娩と局部麻酔......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

無痛分娩ってどうなの?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.gpcreators.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。