無痛分娩の種類について

無痛分娩には大きく分けて2つの種類があります。
全身麻酔による無痛分娩と局部麻酔による無痛分娩です。

全身麻酔での無痛分娩はほとんど行われる事はありません。
局部麻酔に比べて、危険性が高い為ですが、お母さんの体調によっては全身麻酔での無痛分娩が行われる場合があります。
局部麻酔に比べて、準備が簡単にできるところがメリットですが、デメリットが多すぎます。
妊婦さんの意識が無くなる為、普通の手術と同じような感覚になり目が覚めた時にひどいめまいや嘔吐がある場合があります。
麻酔を行う10時間以上前から食事はできません。
意識が無いので、いきむ事ができませんので、吸引分娩になり赤ちゃんに負担がかかってしまいます。
痛みも、出産している感覚も何も無い為、赤ちゃんを産んだ実感が沸かない事が少し悲しいですね。
その他には、静脈麻酔法では麻酔薬が胎盤を通じて赤ちゃんに渡ってしまう可能性が高い為に赤ちゃんも眠って出てくる事が多いです。
個人的に、この方法は赤ちゃんがかわいそうな気がします。


局部麻酔は、現在無痛分娩で1番主流で行われている方法で、その中でも硬膜外麻酔による無痛分娩での出産方法が多いです。
妊娠中毒症や高血圧症になっている妊婦さんにも有効な分娩方法で、長時間にわたって麻酔をかけ続ける事ができるので、途中で痛みを感じる事が無い妊婦さんが多いです。
こちらも吸引分娩になる可能性があるのが、デメリットになります。
吸引分娩をすると、赤ちゃんの頭の形が変わってしまったり、現在ではほとんどありませんが、稀に脳に障害を起こす可能性も出てきます。

このように大きく分けて、2つの種類がある無痛分娩ですが、デメリットを良く考えてからどちらで出産するのか考えましょう


女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

この記事のタグ

サイト内関連記事

硬膜外麻酔による無痛分娩
無痛分娩にはいろいろな種類がありますが、ここでは硬膜外麻酔による無痛分娩について......
和痛分娩とは?
無痛分娩の種類の中で、和痛分娩と言われる出産方法があります。 ここでは、和痛分娩......
計画無痛分娩とは
産院によっては、無痛分娩をするのに出産を計画する『計画無痛分娩』と自然に陣痛が来......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

無痛分娩ってどうなの?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.gpcreators.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。