無痛分娩でのメリットとは

現在、日本では無痛分娩での出産が増えてきています。
しかし、まだまだ自然分娩で出産する人が多く、無痛分娩に対して批判や反対がある人も多いでしょう。
そこで、無痛分娩のメリットをわかってもらう事によって周りから反対されている人は説得したら良いと思います。

無痛分娩で出産する事の最大のメリットは、陣痛による体力消耗を防げる事です。
特に初産婦さんは、出産時間の平均が12~15時間と言われています。
その間陣痛に耐えるという事は、かなりの体力を消耗する事になり、同時に陣痛に対する恐怖心やパニックに陥る事も多々あります。
そんな状態になると、産道の筋肉が硬くなり赤ちゃんがなかなか降りて来れないといった事になります。
無痛分娩にする事で、筋肉の緊張が解けてスムーズなお産になり難産を防げます。
無痛分娩にすると、だいたい初産婦さんでも3~6時間での出産が平均になるようです。
2人目以降の経産婦さんは2~4時間で出産する事ができます。
また、呼吸器や循環器や精神面でのストレスが軽減されるので分娩時の出血を少なくする事ができて、貧血状態を防げるのです。

陣痛が痛すぎて、呼吸法を試みてもなかなかできないものです。
そうなると、赤ちゃんに酸素がいかなくなり、赤ちゃんにとっても苦しい出産になるのです。
無痛分娩にする事で、リラックスできるので酸素が赤ちゃんにもいき渡り、生まれた時にはきれいなピンク色の肌で生まれてくるでしょう。

このように、無痛分娩でのメリットはたくさんありますが、普通のお産と同じようにいきめて、自然分娩よりずっと落ち着いて出産できるので生命誕生の瞬間もじっくりと味わえるのです。

自然分娩で出産した人は、『もう二度と産みたくない』と思う人が多いようですが、無痛分娩で出産すると、『もう1人欲しいな』とすぐ思えるようです。
そういえば、少子化対策にもなりますね。


女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

この記事のタグ

サイト内関連記事

無痛分娩でのデメリットとは
無痛分娩と比べて自然分娩はデメリットがあるように、無痛分娩でもデメリットはありま......
無痛分娩でのリスクとは
ここでは、無痛分娩におけるリスクをいくつか挙げています。 無痛分娩でも自然分娩で......
無痛分娩での危険性はあるの?
無痛分娩は、フランスやアメリカでは一般化されている出産方法で、日本でも無痛分娩に......
無痛分娩による後遺症について
無痛分娩による後遺症は重症なものでは無いですが、人によっては出てしまう事もあるよ......
無痛分娩での合併症について
無痛分娩でのリスクで合併症があります。 ここでは、どんな合併症があるのかいくつか......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

無痛分娩ってどうなの?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.gpcreators.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。