無痛分娩でのリスクとは

ここでは、無痛分娩におけるリスクをいくつか挙げています。
無痛分娩でも自然分娩でもさまざまなリスクが付き物で、出産事態がとても大変な事です。
リスクがあるから、無痛分娩はやめておくのではなく、自然分娩でもまたリスクがあるので無痛分娩でのリスクを勉強した上で、無痛分娩での出産を迎えると安心しますね。

無痛分娩は、まだ日本では主流の出産方法ではなく、無痛分娩を取り扱っている産婦人科もまだまだ少ないです。
麻酔を注入するのに、4mmぐらいの細い所に注入しなければならないので医者の手技も必要で、少々難しいといわれています。

その為か、麻酔が効かず何回も麻酔を打って痛い思いをし、マックスの痛さの陣痛も経験してしまい、最悪の結果になってしまったといった経験をした人がたくさんいます。
それとは逆に、硬膜外麻酔を打つ際に硬膜を傷つけてしまって麻酔が効きすぎていきむタイミングがわからなくなったりして、自然分娩よりお産が長引いてしまったり、頭痛がしたり、一時的に足が思うように動かなくなりお手洗いなどが行けなくなったりしてしまう事もリスクの1つとしてあります。
そんなリスクもありますので、病院選びはしっかり行いましょう

麻酔が良く効きすぎてしまうと、陣痛も弱くなってしまって微弱陣痛と言われるものになります。
その為に、吸引や鉗子分娩をする人が無痛分娩ではとても多いです。
その処置をすると赤ちゃんへの負担も大きくなるし、コストもかさんでしまいますね。

その他には、合併症の危険性も出てきます。

無痛分娩ではこのようなリスクがつきものですが、自然分娩でのリスクとあまりリスクの大きさは変わらないです。
自分はどちらのお産に合っているかを良く検討して決めましょう。


女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

この記事のタグ

サイト内関連記事

無痛分娩でのメリットとは
現在、日本では無痛分娩での出産が増えてきています。 しかし、まだまだ自然分娩で出......
無痛分娩でのデメリットとは
無痛分娩と比べて自然分娩はデメリットがあるように、無痛分娩でもデメリットはありま......
無痛分娩での危険性はあるの?
無痛分娩は、フランスやアメリカでは一般化されている出産方法で、日本でも無痛分娩に......
無痛分娩による後遺症について
無痛分娩による後遺症は重症なものでは無いですが、人によっては出てしまう事もあるよ......
無痛分娩での合併症について
無痛分娩でのリスクで合併症があります。 ここでは、どんな合併症があるのかいくつか......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

無痛分娩ってどうなの?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.gpcreators.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。