無痛分娩による後遺症について

無痛分娩による後遺症は重症なものでは無いですが、人によっては出てしまう事もあるようです。

例えば、麻酔をするので普通の手術と一緒で、出産中にめまいや嘔吐に襲われる事があります
しかし、無痛分娩の後遺症の事を考え過ぎてストレスがたまっていたり、出産事態に強烈な不安を持っていたりすると、出産する事自体が原因になり、吐き気を催したりする事もあります。
その他には、分娩中にしっかり水分をとっておかないと、低血糖状態となり吐き気を催してしまいます。
赤ちゃんにも麻酔が効いてしまう事もあるので、眠ったままで生まれてくる事もあり、出産直後の産声が弱弱しい事があります。
そして、麻酔液が多量に身体に入ってしまった場合は呼吸循環不全を起こしてしまう事がありますが、ごく稀な事です。

上記のような後遺症を残す危険性はごく稀な事です。
産婦人科の医師もこの事は十分に理解できている事なので、適切な処置が行われて後遺症といった一生付き合うような事には絶対になりません。
後遺症が残ったとしても、麻酔が完全に切れるまでの出産後一時的なものです。
また、麻酔のせいで新生児に後遺症を及ぼしたりする事もなく安心できます。
まだ分娩が進んでいない時に多量の麻酔液を注入すると、胎児にも影響して眠ってしまい、酸素が薄くなるので、麻酔液は分娩室に入るまでは調整した量を注入されます。
その為、陣痛は経験してしまいます。

局部麻酔による無痛分娩はとても安全な出産方法だと言う事がご理解いただけたでしょうか。


女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

この記事のタグ

サイト内関連記事

無痛分娩でのメリットとは
現在、日本では無痛分娩での出産が増えてきています。 しかし、まだまだ自然分娩で出......
無痛分娩でのデメリットとは
無痛分娩と比べて自然分娩はデメリットがあるように、無痛分娩でもデメリットはありま......
無痛分娩でのリスクとは
ここでは、無痛分娩におけるリスクをいくつか挙げています。 無痛分娩でも自然分娩で......
無痛分娩での危険性はあるの?
無痛分娩は、フランスやアメリカでは一般化されている出産方法で、日本でも無痛分娩に......
無痛分娩での合併症について
無痛分娩でのリスクで合併症があります。 ここでは、どんな合併症があるのかいくつか......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

無痛分娩ってどうなの?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.gpcreators.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。