無痛分娩での陣痛について

無痛分娩での出産になると、陣痛がまったく無いと勘違いしている人が多いように思いますが、陣痛は経験する事になるでしょう。
全身麻酔での無痛分娩では、陣痛は経験しないですが、ほとんどが部分麻酔での無痛分娩を選択すると思うので、ここでは部分麻酔での無痛分娩の陣痛について説明しています。

病院にもよりますが、だいたいの産婦人科では最初から麻酔を注入するのではなくある程度子宮口が開いてから麻酔を注入します。
それは、最初から麻酔を注入してしまうと子宮収縮運動にまで麻酔が及び陣痛が微弱になってしまう可能性があるからであり、微弱陣痛だと出産時間が長引いて赤ちゃんにリスクを及ぼし最悪の場合危険な状態になるからです。
子宮口が4~5cm程開くまで、陣痛をある程度つけてからの麻酔注入が多いでしょう。

陣痛の痛さは子宮口全開大の時が1番痛いのでその頃には麻酔が効いてリラックスできていると思います。
しかし私の経験から言うと(普通分娩)子宮口4~5cmでも陣痛はかなりの激痛で苦しかった覚えがあります。
しかし、陣痛の痛さも個人差があり、痛がりなのかそうで無いのか、その人の性格にもよると思います。

人によっては、子宮口の開きがとてもスムーズですぐに麻酔を注入できる状態になったなら、痛い陣痛を経験する事なく出産できます。
子宮口をスムーズに開くように、妊娠中から努力をしておけば無痛分娩での陣痛を経験しないですむでしょう。
特に初産婦さんは子宮口が硬くなっているので、適度な運動と食事制限をして体重を増やさないようにしましょう。

無痛分娩を経験した人で、子宮口がなかなか開かなかったので普通分娩と同じような陣痛を経験してしまい、無痛分娩にした意味がなかったのでは?と言う人も多いです。


女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

この記事のタグ

サイト内関連記事

無痛分娩での促進剤使用について
無痛分娩では自然に陣痛を待って、病院へ行って出産する産院は極めて少ないと言えます......
無痛分娩でのバルーンの使用について
促進剤の使用についての記事に書いているように、無痛分娩では、自然に陣痛がくるのを......
無痛分娩での吸引について
無痛分娩でのデメリットとして、吸引やかんし分娩といった事があります。 吸引とは、......
ラミナリアの使用について
無痛分娩では、計画して出産を行う計画出産が主流です。 計画出産になると、出産予定......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

無痛分娩ってどうなの?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.gpcreators.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。