無痛分娩での促進剤使用について

無痛分娩では自然に陣痛を待って、病院へ行って出産する産院は極めて少ないと言えます。
無痛分娩は出産予定日に出産する計画を立てる出産方法がほとんどです。
得に初産婦の人は、出産予定日に陣痛がくる人より少し遅れる人が多いでしょう。
その為、計画的に出産をするので陣痛も計画的に起こす事が必要になります。

計画的に出産をするという事は、計画的に子宮口を広げてから計画的に陣痛を起こします。
子宮口は開いていない人は、バルーンやラミナリアを使って子宮口を広げ陣痛を待ちます。
しかし、陣痛がついてこない人は陣痛促進剤という薬を注入して陣痛を促します。

無痛分娩の麻酔が影響で陣痛が弱くなったりする事もあります。
そういった場合にも、陣痛促進剤を使用して陣痛を強くしたりする処置をする事も多くあります。
自然分娩でも、子宮口が全開大になって丸1日経っても微弱陣痛な場合にもこの陣痛促進剤は使用されるので、無痛分娩だけが促進剤を使う訳ではありません。

では、陣痛促進剤とはどういった事をするのでしょう。
点滴をする場合や錠剤を服用して、陣痛を促していきます。
微量の陣痛促進剤の服用から初めて様子を見ていきます。

陣痛促進剤による危険はあるのでしょうか。
子宮口が十分に開いていない場合に、陣痛促進剤を注入しすぎると、胎児仮死状態になったり子宮が破れたりする事があります。
万が一子宮が破れたりすると、母体も胎児も危険な状態になります。
しかし、輸液ポンプと分娩監視装置を使用していますので、促進剤の量を守る事ができますし、胎児や母体の安全を保てます。

陣痛促進剤は、非常に良く効く薬ですので使い方を間違えると危険な薬にもなります。
しかし、使い方を間違わなければお産をスムーズに行う事ができて母子供に健康なお産になります。


女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

この記事のタグ

サイト内関連記事

無痛分娩での陣痛について
無痛分娩での出産になると、陣痛がまったく無いと勘違いしている人が多いように思いま......
無痛分娩でのバルーンの使用について
促進剤の使用についての記事に書いているように、無痛分娩では、自然に陣痛がくるのを......
無痛分娩での吸引について
無痛分娩でのデメリットとして、吸引やかんし分娩といった事があります。 吸引とは、......
ラミナリアの使用について
無痛分娩では、計画して出産を行う計画出産が主流です。 計画出産になると、出産予定......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

無痛分娩ってどうなの?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.gpcreators.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。