無痛分娩での事故ってあるの?

無痛分娩での事故はとくにありませんが、合併症を伴う事があるのが少しやっかいですね。
無痛分娩での合併症については、別の記事で記載していますので、参考にしてください。
ここでは、『事故』とするのには重たいですが『トラブル』に関して書いています。

麻酔が効きすぎて微弱陣痛になる事がありますが、その上で赤ちゃんがなかなか下に降りてこなくて、麻酔が切れてしまい、いきなり陣痛マックスの痛さを経験してしまったという事故やトラブルがあります。
そんな事になったら、心の準備もできないので自然分娩よりパニックになってしまうかもしれません。
少しの痛さを感じたら、すぐに医師に言った方が良いでしょう。
麻酔が効くまでに、多少の時間がかかってしまいます。

非常に稀な事故ですが、麻酔の薬剤でアレルギーを起こしてショック状態になる妊婦さんや、注射自体から感染や出血、神経損傷を起こす事故もあります。

その他の事故でも、麻酔が血管内の予定外の場所に入ってしまったり薬剤自体を間違えたりする事故も非常に稀ですが、見受けられます。
無痛分娩の麻酔注入に関しては、医者の腕や経験がかなり重要になってしまいます。
無痛分娩の経験を積んでいる医者を探して、申し込むと良いでしょう。
そして、日本には麻酔科医が非常に少ないですが、麻酔科医がいてる産婦人科もあり、麻酔科医は麻酔のスペシャリストなので、無痛分娩も麻酔科医に任せておくと安心できるかもしれません。

上記のような事故やトラブルを防ぐ為に、産科の先生が付きっきりでの出産はもちろん、小児科医や麻酔科医の先生等のフルメンバーでお産に望む事ができる病院もあります。
そんな事故が心配な人は、フルメンバーで出産させてくれる病院を選ぶと良いでしょう。


女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

この記事のタグ

サイト内関連記事

無痛分娩での産後はどんな感じ?
無痛分娩と自然分娩での産後の違いはあるのでしょうか? 無痛分娩は自然分娩よりも、......
無痛分娩での所要時間は?
無痛分娩では、自然分娩よりお産の時間が長引いてしまう事が多いようです。 その理由......
無痛分娩を経験した芸能人は?
無痛分娩で出産した芸能人もたくさんいらっしゃいます。 ここでは、無痛分娩で出産し......
高齢の人の無痛分娩
高齢出産を迎える人には、無痛分娩が最適とも言えます。 自然分娩では、想像を絶する......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

無痛分娩ってどうなの?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.gpcreators.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。