高齢の人の無痛分娩

高齢出産を迎える人には、無痛分娩最適とも言えます。

自然分娩では、想像を絶する体力が必要になります。
高齢出産の人は、若い人に比べてどうしても体力に差が出てきてしまいます。
出産中に体力が限界になり、緊急帝王切開を余儀なくされてしまったといった人も多いのです。
無痛分娩にすると、多少の痛みはあるものの、体力が消耗する程でもない痛みなので高齢出産の人には向いている分娩方法と言えるでしょう。
無痛分娩をした人の経験から、後陣痛や切開を縫った所が自然分娩に比べて痛く感じる事がほとんどだそうですが、後陣痛に関しては痛み止めを処方してもらるので安心できますね。
切開の後の傷も、2日~3日経てばだいぶ良くなっている事でしょう。

特に高齢出産で初産婦さんにとっては、自然分娩だと分娩の時間が長引くので無痛分娩での出産の方が、メリットは大きいでしょう、
2人目以降の出産の場合は、分娩時間が短いし、1人目で経験しているので出産というもの自体を理解しているので、どちらの分娩方法でも同じような気がします。

高齢出産の人は子宮口が硬くなっているので、なかなか子宮口が開かず自然分娩にすると時間がたくさんかかってしまいがちな傾向があります。
無痛分娩は、だいたいが計画分娩ですので子宮口を開いてくれる処置もしてくれますし、陣痛をつけてくれる処置もしてくれます。
それで陣痛の痛みを緩和しながらの出産なので、一石二鳥ですね。
自然分娩でも、高齢出産の場合は計画分娩になる事もありますが、それは母体や赤ちゃんの様子を見てからになるでしょう。

高齢出産だからといって、無痛分娩でのリスクはまったくありません。
むしろ、自然分娩より無痛分娩の方が安心して出産にのぞめるかもしれませんね


女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

この記事のタグ

サイト内関連記事

無痛分娩での産後はどんな感じ?
無痛分娩と自然分娩での産後の違いはあるのでしょうか? 無痛分娩は自然分娩よりも、......
無痛分娩での所要時間は?
無痛分娩では、自然分娩よりお産の時間が長引いてしまう事が多いようです。 その理由......
無痛分娩での事故ってあるの?
無痛分娩での事故はとくにありませんが、合併症を伴う事があるのが少しやっかいですね......
無痛分娩を経験した芸能人は?
無痛分娩で出産した芸能人もたくさんいらっしゃいます。 ここでは、無痛分娩で出産し......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

無痛分娩ってどうなの?:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.gpcreators.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。